看護師 キャリアアップ

救急医療センターでの夜勤専従!(^^)!

救急医療センターは夜間、休日・祝日に対応しているのですが、3交代制で、希望のシフトで働けているので、私にとってはとても良い感じです。

 

救急だと、急な発熱や喘息の発作、突然の発症などいろいろありますが、今は、昼間混んでいるからと、わざわざ夜間を選んで来られる患者さんもいて、救急の意味をなしていないことがあったりします。

 

本当に緊急の方のためにあるということがもっと理解してもらえるとより良い看護医療サービスを提供できるなぁといつも思います。

 

夜勤専従なので、最初は身体がもつか心配でしたが、同じ時間帯に働くので、じきに慣れました。

 

日中は、思いっきり好きなことをやっています。

 

といっても、午前は寝ていることも多いかな。

 

この間、友達と美術館に行ったのですが、美術館に行くのも久しぶりで、行く前からワクワクしていました。

 

美術館はその建物に行くまでの道も大好きで、大きな木々が繁り、とても豊かな気持ちになります。

 

私は絵心とかないので、この絵がどうだ、あぁだ、という批評のような考えは全く浮かばないのですが、静寂した空間の中で、人々が、1枚の絵にじっと全神経を傾けて見ている姿にも感動するほうです。

 

先日見た絵はとにかく大きくて、大きくて、一体全体、どれほどの時間と労をこのキャンバスに向けたのかと思うと、人間ってすごいなぁと思います。

 

身体の栄養と同じように、心も栄養が必要なんだそうです。

 

良い音楽を聴いたり、絵を見たり、舞台を見たり。そんな心の感動も常に枯渇しないようにすることが、自分のベストを保てる秘訣なんだそうです。

 

救急にいると、それが日常になってしまって、ある意味鈍感な部分も出きてくるし、良くも悪くも慣れてくる部分もあって、常に新鮮な気持ちで働けるように工夫していきたいと思っています。